ブラブラ歩く感覚の京都観光案内サイト 京都Love
icon5b 眺める : 神社・寺  ライブカメラ  そうだ京都行こう  
icon5b 調べる : ニュース・写真記事  リンク  ルートマップエディター
icon5b 学 ぶ : 京都検定  
icon5b サイト : トップ twitter ブログ サイトマップ 京都Loveについて お問い合せ

京都Love神社・寺>【大覚寺


大覚寺

(だいかくじ)


アイコン本文
2003年8月1日撮影
入り口です
松並木です
入って左側にある、記念碑です
花供養塔
大門。一般客はここから入場します
大玄関の様子。
大玄関の中
大玄関、松の間のふすま絵
庭の様子
宸殿(重要文化財)
宸殿牡丹の間
牡丹図・紅梅図(狩野山楽作)
舞楽台
唐門(寺側から見てます)
御影堂
宸殿〜御影堂の渡り廊下
庭園。
大覚寺からみた、大沢の池
前面の庭。
白砂は大海を表してます
渡り廊下
庭園。
盆栽のような庭が多いですね^^

秩父御殿
東京霞ヶ関離宮にあったものを
昭和46年に移築したそうだ!

秩父御殿そばにある池
霊明殿
正寝殿
初版 2003年8月8日作成






更新情報
サイトの更新状況をお知らせいたします。
ニュースはほぼ毎日更新です

2011/5/22 神社・寺のページ見直し開始。まずは廬山寺を修正しました。写真をクリックすると拡大するスクリプトも導入してみました。
2011/5/3 ブログに、Facebook、はてぶ、twitterのボタンを追加しました。
2011/1/22 ニュース・写真記事にサムネイル画像を付けてみました。
2010/7/1 お問い合せのページを追加しました。
2010/6/27 京都Loveについてを作り直しましたを作りました。

大覚寺のニュース・写真記事
大覚寺に関する、ニュースやブログを集めたものです。

京都の旅・四季の写真集「観月の夕べ 大覚寺」 嵯峨にある旧嵯峨御所の大覚寺は日本三大名月観賞地として知られています。平安時代から王朝の貴族たちが、大覚寺の観月台から大沢の池に映る月を観賞したり、池に船を浮かべて名月を楽しんでいたと伝わっています。 (2011/09/13)
古都のあれこれblog「京のうつろい 苔に落ちた散り椿 大覚寺」 京のうつろい 苔に落ちた散り椿 大覚寺 苔に落ちた散り椿が美しく。 散り椿が静かに語ります。 (2011/05/01)
icon5b14件 すべて見る




地図の移動 ドラッグ 倍率変更 マウスホイール回転
ページ移動 名前アイコンをクリック(色には写真あり)
ルートマップ作成はこちら
参拝時間 9:00〜16:30
所要時間 30分
参拝料 一般500円、高校生以下300円
場 所 右京区嵯峨大沢町4
電話番号 075-871-0071
リンク 公式サイト

サイト内検索
京都Love内をサイト・画像を検索します


ここ



そうだ京都行こう (2010/9/12動画追加)
JR東海が企画する、そうだ京都行こうです。Youtubeで拾った動画などあります

知恩院(1997年冬)

 

ギャオ~ こっちにもっと動画あるぞ~
そうだ京都行こうへ進む
I_have_a_penのTwitter
京都と関係ないつぶやきが多いという
ツッコミはおいておいてください^^;
twitterトラブル中のため表示できません
京都検定1級BOT kyotokentei_botをフォローしましょう
Twitterで公開しております。かなりの難題ですがチャレンジしてみてください。
鎌倉時代、鴨川と東京極大路の間には、「○○大路」という南北の道路が近衛・三条両大路の間に誕生した。
 

京都検定2級BOT kyotokentei2botをフォローしましょう
Twitterで公開しております。楽しんで解答してみてください。
大将軍神社の祭神は、次のうち誰か?
  (ア)素戔嗚命
  (イ)天細女命
  (ウ)大国主命
  (エ)奇稲田姫命
 

京都検定3級BOT kyotokentei3botをフォローしましょう
Twitterで公開しております。楽しんで解答してみてください。
神泉苑では、貞観年間(859年〜877年)に現在の祇園祭の発祥となる御例会が2度行われ、○○本の鉾を立て池水で清めた。
  (ア)36本
  (イ)108本
  (ウ)66本
  (エ)30本
 



icon5b 眺める : 神社・寺  ライブカメラ  そうだ京都行こう  
icon5b 調べる : ニュース・写真記事  リンク  ルートマップエディター
icon5b 学 ぶ : 京都検定  
icon5b サイト : トップ twitter ブログ サイトマップ 京都Loveについて お問い合せ

リンクはフリーです。遠慮なく好きなページにかけてください(写真への直リンクはNGです)
記載内容に誤りがないよう注意を払っておりますが、責任は一切取れませんので公式HPなどで確認をお願いします
相互リンク、写真借用などの依頼、記載内容の誤りのご指摘などは、お問い合わせより、ご連絡お願いたします。

Copyright (C) 2003-2019 www.kyotolove.com All Rights Reserved.

京都Love神社・寺>【大覚寺